HOME
About Sophia
Meet Sophia
Q&A
Contact Sophia
Ask Sophia for Trial
関連項目


 

◆ P-97/IVFプラー

◆ BV-10ベベラー


buttonA

 

Noldus
エソビジョンXT (EthoVision XT)
ダニオビジョンXT (DanioVision)
キャットウォークXT (CatWalk XT)
フェノタイパー (PhenoTyper)
ジ・オブザーバーXT (The Observer XT)
フェイスリーダー (FaceReader)
Lumen Dynamics
X-Cite 120 蛍光照明装置
X-Cite 200DC蛍光照明装置
X-Cite Exacteフィードバック照明装置
X-Cite XLED特定波長LED照明装置
MBRose
リモート摂食・飲水自動計測システム
Sutter
マイクロピペット・プラー
マイクロピペット・ベベラー
 

buttonB

 
Pharmacology
各種迷路実験(記憶・学習・不安・抑うつ)
歩行解析実験
強制水泳・テールサスペンション試験
昼夜長時間実験(サーカディアン)
投薬効果スクリーニング
Surgery
歩行解析実験
Obesity
多個体長時間摂食・飲水モニタリング
Psychology
行動心理・パーソナリティ・発達心理
表情解析・顔認知
Usability
ユーザビリティ/ユーザー・エクスペリエンス
人間工学・ヒューマンインタフェイス
Human Factor
消費者行動・労働効率など 
スポーツ科学
Primates-Insects-Fish
行動解析全般
2次元・3次元行動追跡
Longterm Imaging
蛍光観察・タイムラプス
オプトジェネティクス
ガラス針・マイクロニードル作製 
 
 
FaceReader

マイクロピペット・プラーとは

「ガラスを融解し引き伸ばす」。これほど単純な作業を、これまではどんな器械も人間業に並ぶことができず、再現性のよいマイクロピペットやガラスニードルを必要とする研究者たちは頭を抱え続けてきました。
そこに、独特のノウハウとアルゴリズムを持ち込み果敢に挑んだのがアメリカのサッター社。意欲的な第一号機「P-70PC」を開発したのは、文字通り1970年でした。
それ以後、そのアルゴリズムとハードウェアをより堅牢なものとし、代を経て完成されたのがP-97/IVFです。1997年のことでした。
マイクロピペット作製のプロセスを1/1000秒単位で分解・検証し、これをマイクロプロセッサで制御するとともに、「湿度変化の克服」など、マイクロピペット作製の再現性に悪影響を与える要素をひとつずつ駆逐し、「堅牢なハードウェア、作製プロセス制御に最適なアルゴリズムを反映したソフトウェア、作製再現性を極限まで引き上げたオプション」の3つを組み合わせて、以後サッター社のプラーは、他の追随を許さないシステムとして君臨するに至りました。

Points-P1000IVF

P-1000IVFプラーとは

サッターが日本のお客様専用に開発した名器、P-97/IVFのダイレクトな後継・上位機種です。
このモデルは、P-97/IVFのすべての機能を備えた上で、特に、顕微授精やルーティンでのマイクロインジェクションに焦点を合わせています。
多忙なユーザーの方をサポートすべく、いままではユーザー様サイドでの作業であったプログラミングを、「ピペット作製のレシピをデータベースとして本体に内蔵することに成功しました。
「結構な能書きは要らない、とにかくすぐに使え、しかも多くの種類のガラスニードルを作製したい」というお客様には、まさに最適な製品です。開封した直後からご使用いただける優れたユーザビリティを主眼とし、しかもご購入時には専門スタッフがご訪問してオンサイト・コンサルタントを行います。
また、消耗品交換などの作業はマニュアルをビジュアルに搭載し、本体の液晶ディスプレイにプロセスを映し出すことで、まったく簡単にメインテナンスを行っていただくことができます。

◇ マイクロピペット・マイクロニードル作製のすべてのプロセスを1/1000秒単位に分解し、それらを有機的に再構成したプログラムによる、圧倒的なプログラマビリティ(高コントロール性能)と高再現性

◇ 「ランプ・テスト」の搭載により、下記が可能になりました;
   @ガラスの融点測定
   Aフィラメントの劣化度チェック
   B他のP-1000IVFあるいはP-97/IVFプラーとのパラメータ互換を確保

◇ さらに、「湿度コントローラ」(除湿用チャンバー)を搭載し、湿度変化による悪影響をアクティブに排除。梅雨の時期にはこの機能をアクティベイトすること により、いっそう再現性を高めることに成功しました

◇ メモリ可能なプログラム数を一挙に100まで増設。100通りの異なった形状・性質のマイクロピペットを瞬時に作製し分け、さらに複数のユーザーの方々で の共同利用に最適です。大切なプログラムはロック可能

◇ 「レシピ集(COOK BOOK)」の内蔵により、従来、ケースによっては膨大なエネルギーと時間、そして材料の浪費を強いられていた「プログラミングの模索」が不要になりました。

◇ プログラムの扱い(コピー&ペースト、過去の履歴保存など)で大きなユーザビリティの進歩

◇アメリカ工場出荷時に、1台ずつSEMでピペット先端写真を撮影。0.1〜0.06μmの先端作製を保証するクオリティ・コントロール

◇ いままでP-97/IVFをご使用のお客様、他施設でP-97/IVFをご経験のお客様も、まったく違和感なく移行いただけるインターフェイスと、納品時に専門スタッフがお伺いしての「オンサイト・トレーニング」つき

P-1000IVF 主要諸元

 
内容構成 P-1000IVFプラー本体、昇圧トランス
プログラム内容 HEAT(熱)・PULL(引張力)・VEL(Pull起点タイミング)・TIME(強制冷却時間)
パネル・コントロール タッチパネル・インターフェイス
入力電圧 115・230VAC切り替え式, 50/60Hz (要昇圧トランス)
特殊機能 マイクロピペット作製プログラム集・メインテナンスシートのインストール
湿度コントロール機構搭載
フィラメント・ブロックの基本温度コントロール機能
サイズ 53cm x36cm x30cm
重量 19kg
付属品 昇圧トランス、電源ケーブル、サンプルガラス管(外径 1.0mm ×内径 0.75mm ) マイクロインジェクション専用フィラメント予備・和英文マニュアル
保証 1 年間

 

end
 
   Copyright(C)2006-2013 Sophia Scientific Co.,ltd.  All Rights Reserved.
    ※このページの内容・文面等を無断で転載することを厳禁します


  プライバシー・ポリシー


トップページ   企業紹介   展示会・学会   ご質問と回答   お問い合わせ  
 カタログダウンロード

株式会社ソフィア・サイエンティフィック
〒446-0056 愛知県安城市三河安城町1丁目11−1 BESTビル3F-A
TEL:0566-93-2400 FAX:0566-93-2402
support@sophia-scientific.co.jp