FaceReader

「フェイスリーダー」とは

その名もまさに「フェイスリーダー」。表情を読み取りリアルタイムで心理要素を解析・定量化します。FACSに基づき表情を規定する500ものフェイシャル・ポイントをリアルタイムで検出・追尾し、モデリングを行いその結果をリアルタイムでディスプレイします。
百聞は一見に如かず。実際のソフトウェアの動作画面をご覧ください;

こちらにより詳細な静止画をご用意しました (別ウィンドウが開きます)

この映像について、順にご説明しましょう。
(1) まず、ビデオファイルあるいはカメラ接続による生映像のいずれかを、フィエスリーダーに取り込みます
2) このビデオ映像内で、人物の顔が検出されると、フェイスリーダーは次の3つのことを同時に計測します

2−1) FACS(Facial Action Coding System)と呼ばれる顔の基本的なシステムに則り、顔面内のポイント491ポイントを特定し、追跡します
2−2) これに基づいた「3Dモデリング」が行われます

2−3) データベースとの比較が行われ、「心理ファクター」(感情要素)への特定が行われます

3) 続いて、リアルタイムで下記のファクターをディスプレイします(上記のムービーに沿ってご説明します)

3−1) 画面左上から、「解析フェイス画面」です。ファイルあるいはカメラから取り込んだ映像を、フェイスリーダーがどのように処理しているのかをリアルタイムで観ることができます。
いくつかのモードがあり、「フレーム」を選ぶとフェイスを認識した際にスクエアで表示。「メッシュ」を選ぶと、現在の映像から認識ポイント491点を抽出し、その様子を示します。「クラシフィケーション」モードでは、現在の目の開閉、口の開閉などを示します。「モデル」を選ぶと、「メッシュ」において検出したポイントをもとにモデリングを行う様子が示されます。
3−2) フェイス画面の下は、
「フェイシャル・ステータス」で、左右の眼の開閉、口の開閉、眉の上がり下がりがテキストデータとして示されます。
3−3) その下は「サブジェクト・キャラクタリスティック」で、現在の被験者の性別・年齢区分、ヒゲや眼鏡の有無、ナショナリティなどをフェイスリーダーが推測し、その結果を示します。
3−4) 続いてその右です。上から、「ヴァレンス」、これは現在の感情6要素を総合し、「ポジティブ」であるのか「ネガティブ」であるのかの二置化を行います。経時変化がグラフで示されます。6要素の細かい推移よりも、「プラス感情なのかマイナスなのか」だけを問題にする場合に有用なパラメータです。
3−5) その下は、感情の強さ(Expression Intensity)、「中立(Neutral)」「ハッピー(Happpy)」「悲しい(Sad)」「怒り(Angry)」「驚き(surprised)」「怖れ(Scared)」「嫌悪(Disgusted)」の要素が、バーグラフとして示されます。

3−6) その下は、タイムラインで、口の開閉、眼の開閉(左右別)、眉の上下(左右別)がリアルタイムで示されます。
3−7) 一番左上、これは「ヘッド・オリエンテーション・グラフ」と名付けられています。首の傾きを、X軸(青)・Y軸(赤)・Z軸(緑)でリアルタイム表示します
3−8) これは、内容は3−5)と同じですが、バーグラフではなく通常のグラフで表示します。6要素それぞれに表示が可能で、表示の有無を選択できます(画面では、HappyとNeutralのみが選択されています)。
3−9) 「エクスプレッション・サマリー」です。現在までの6要素の分布を円グラフで表示します。もちろん、リアルタイムで時々刻々変化します。

4) これらの結果は、2種類のテキストデータおよびノルダス社の行動観察解析ソフトウェアであるジ・オブザーバーXT専用フォーマットでのエクスポートが可能です。
2種類のテキストデータは、結果をサマリーとして収めた「ステータス」バージョンと、各タイムサンプルにおけるすべてのファクターを網羅した「ディテイル(詳細)」バージョンがあります(クリックすることで、それぞれテキストファイルをダウンロードいただくことができます)。

5) キャリブレーション機能
表情には、当然ですが個人差があります。同じような表情に見えても、ある人はニュートラルかも知れませんし、ある人はハッピーかも知れません。このような個人差を吸収・補正するために、フェイスリーダーには「キャリブレーション」機能があります。と言っても、特殊な設定は必要ありません。設定画面でチェックを入れるだけで、ソフトウェアがバックグランドでキャリブレーションを行いながら解析を行います。特に一般的な解析に該当しないような被験者の場合、長い時間の計測を行うことでデータはより正確なものになります。

 

次のページ(行動解析ソフト「ジ・オブザーバーXT」との連携)へ