FaceReader

X-Cite 120Q蛍光顕微鏡用照明装置とは

ルーメン・ダイナミクス社のX-Cite120Q蛍光顕微鏡用照明装置は、北米で既に60%のシェアを誇る製品で、高性能のメタル・ハライド光源を採用することにより、従来の落射蛍光用HBO水銀ランプの次の世代を担う新製品です

X-Cite Exacte

Points-Exacte

◇ 2000時間完全保証のインテリ・ランプ搭載

従来、わずか200〜300時間の寿命しかなかったHBOランプは、「頻繁に切れ、しかも面倒な交換調整が必要になる」、「ユーザー自身での交換調整ができず、サービスマンを待たねばならない」、「何と言っても寿命が短すぎて、いつ切れるか分からず不安だ」などの理由から、重要なタイムラプス実験などにはどうしても敬遠・躊躇されてきました。
X-Cite 120Qのインテリ・ランプは、通算の点灯時間を累計でモニタしています。さらに「2000時間完全保証」。
しかもこれは単なるカタログ・スペックではなく、「たとえ1999時間で切れたとしても無償交換」という形でお客様にご満足いただけるサービスを目指します(ただし、弊社までの片道分送料のみご負担下さい)。

◇ ワンタッチで交換完了・メインテナンス・フリー

さらにX-Citeの「インテリ・ランプ」は、HBOランプでは必須の煩わしい芯出し作業を一切必要としません。ランプは完全に工場でアライメント調整を済ませたアッセンブリの形で出荷されますので、ランプ交換はお客様の手でも簡単に行っていただけるばかりでなく、その後の調整は一切不要です。

◇ ライトガイド採用によるノイズフリー・デザイン

ルーメン・ダイナミクス社X-Cite120は、すでに北米で10年の実績を持ち、その驚くべき明るさには世界的な定評があります。しかもメタル・ハライドの最大の欠点と言われる高熱に関しても、十分な冷却が得られるよう、特殊なメカニカル・デザインが施されています。何時間使用しても、シャシにはいつでも手を置くことができるほどの冷却です。また、「外付けシャシ+ファイバー・ライトガイド」の組み合わせは、熱とノイズから顕微鏡を遮断することが可能です。
万一の過熱時には、X-Citeのインテリ・ランプが対応します。
これは、ランプ自体に自身の温度をモニタするメカニズムを組み込み、万一異常な過熱を見せた際には、自動的にシャットダウンする、という機構です。まさに「インテリ」の名に恥じません。

また、光源が顕微鏡にダイレクトに接触しているため、非常な高温に晒される危険性を常にはらみ、しかも高い位置にあるため顕微鏡の重心を上げてしまう、などの従来型光源のデメリットもすべて克服しています。

X-Cite120Q PCのタイプをお選びいただけば、PCと連動させることができ、電源、絞り(輝度調節)、ランプ、そしてビルトイン・シャッターのコントロールがPC経由で可能になります。

オリンパス、カールツァイス、ニコン、ライカの各社顕微鏡用のアダプタを用意、接続もワンタッチです。



株式会社ソフィア・サイエンティフィックは、すでにこのX-Cite 120Qのデモ機をご用意しています。いつでもこちらからご用命ください。

X-Cite 120Q主要諸元

 
内容構成 120W・DCランプ・モジュール、LLG(リキッド・ライトガイド)、各顕微鏡用アダプタ、フットスイッチ、電源ケーブル、シリアルケーブル、ソフトウェアCD(120QPCのみ)、取扱説明書、その他付属品一式
ランプ 120W 水銀ランプ DC
ランプ寿命 2000時間完全保証, 2500時間(標準値)
アダプタ 顕微鏡各社スタンダードに準拠(別紙顕微鏡アダプタ表をご参照ください)
フィルタ バンドパス、 340-675nm, 固定型
シャッター フロントパネルボタンあるいはフットスイッチ、TTL入力による レスポンス時間: 5-6 ms
光量絞り ND (Neutral Density)メッシュあるいはマニュアル・コントロール 0-100%
ウォーム・アップ時間 90秒 (標準)
パネル・コントロール 電源 on/off, モード選択、光量up/down
パネル・ディスプレイ ランプ点灯時間累計・光量絞り(0/12/25/50/100%)、シャッター開閉、ステータス表示
パワーサプライ ユニバーサル・インプット
入力電圧 100-240VAC, 50/60Hz
サイズ 34.5cm x 14cm x 16.5cm
重量 3.2kg
承認・認可等 CEマーク IEC, 北米スタンダード
保証 1 年間 (ランプとライトガイドを除く)